信用取引の危険度チェック

信用取引は追証に注意

信用取引で株式の取引を行えば、自分が口座に預け入れている資金の最大で3倍までの資金で株を購入したりすることができます。ですから、それほど資金がなかったとしても、大きな利益を得ることができる可能性があります。
しかし、信用取引には追証とといものがあり、自分が買った株の価格が下落してきてしまった場合、追加で資金を口座に入金する必要が出てくることがあるので注意が必要になってきます。もし、追証分の資金を証券会社の口座に入金するすることができなかったら、保持している株は自分の意志とは無関係に自動的に売却されてしまうことにもなります。ですから、信用取引で株式の売買をするときは、資金に余裕を持たせて取引をするということが大事になってきます。

空売りの場合は金利に注意

信用取引のメリットとしては、自分の資金の最大で3倍までの資金で取引ができるとい点だけではなく、空売りといって、株を借りてきて売って、安くなったら買い戻すという取引方法を選択することができるというメリットがあります。空売りができれば、たとえ株価が暴落しているような局面であっても、大きな利益を得ることができる可能性があるということになります。
しかし、この空売りの注意点として、株を借りていることになりますから、その分の金利を支払う必要性が出てきます。また、借りることができる期間は6か月と決まっていますから、その間に、株を買って、借りている株を返す必要がありますから、ある程度の利益が出たら決済を考えることが重要になってきます。