信用取引のコツ

信用取引は資金を上手に活用することがコツ

信用取引の大きな魅力の一つとしては、ある一定の額を証券会社の口座に担保として入れることによって、大きな資金で株式を運用していくことができるいう点です。しかし、だからと言って、資金を大量に使って一気に株式を買ってしまうと、株価が値下がりした場合に、保証金として入れている担保が保てなくなってしまいます。そのような場合は、追加で資金を投入するか、株価を一度手放さなければならなくなります。
ですから、信用取引を行う上でのコツとしては、資金を目いっぱい使わないということです。半分程度は余裕資金として残しておけば、いざという時にも安心です。また、損失が膨らむ前に、一旦所持している株を処分するという損切りも重要になってきます。

株価の下落局面を利益にうまく変える

信用取引は空売りができるので、株価の下落局面でも利益を得ることができます。特に株式の場合、株価が下落すると、損失が増えるという恐怖から、他の投資家が一斉に株を売り始めるので、一気に株価が暴落するようなことが良くあります。
このようなときに、空売りを仕掛けておけば、下落局面でも利益が増えていくことになります。ただし、空売りは、株価が上昇している局面で手を出してしまうと危険です。いくら株価が高いからと言って、上昇中の株価はどこまでの値になるのかわかりませんから、空売りをするタイミングは注意が必要になってきます。また、空売りの場合、品貸料として、通常の株式の購入よりも手数料負担がかかることがありますから、注意が必要になってきます。