信用取引って?

信用取引って何だろう

信用取引とは、証券会社からお金または株式を借りて、売買をおこなう取引のことをいいます。信用取引を始める場合には、担保(現金または株式)を差入れる必要があります。証券会社から借りられるお金は、担保の約3倍です。つまり、現金30万円を保証金として預ければ、約100万円の株式取引が可能になります。少ない資金で大きな利益を得られる可能性があるのが、信用取引の特徴の1つです。
また、信用取引では現物取引と異なり、売りから始めることができます(空売りといいます)。すなわち、証券会社から借りた株を「高く売って安く買い戻す」ことで利益を得ることができるのです。現物取引の「安く買って高く売る」場合とは、全く逆の行動をとるわけです。空売りにより、株式市場が下落していても利益を上げることができます。

信用取引の仕組みや種類について

信用取引には、信用買いと信用売りの2種類があります。信用買いとは、証券会社からお金を借りて株式を買うことです。一方、信用売りとは、証券会社から株式を借りて株式を売ることです。いずれの場合も、借りたお金や株式は期間が来たら返さなければなりません。決済方法は、反対売買による返済か現引又は現渡による決済となります。お金や株式を借りている以上、利息も発生します。その他、手数料や管理費も必要になります。なお、期間は制度信用の場合は半年、一般信用の場合は原則無期限です。
信用取引を始めるには、先述した保証金のほか、信用取引用の証券口座を作る必要があります。その後、証券会社の審査に合格すれば、晴れて取引をすることができます。